布団に入って寝付くまでに3時間…睡眠薬のアモバンで悩みを早期解決

睡眠薬の種類

睡眠の種類を大きく分けてみれば、オレキシン受容体拮抗薬、メラトニン受容体作動薬、ベンゾシアゼピン系、非ベンゾジアゼピン系、バルビツール酸系という作用基準の違いでの5つのタイプがあります。
今の日本では一般的に使っている最新の睡眠剤は非ベンゾジアゼピン系、あるいは、シクロピロロン係と分類されています。
睡眠を治療する薬の中に、非常に有名なのアモバンもルネスタも同じシクロピロロン係の短時間作用型の睡眠導入剤となっています。
二つの効果や副作用が大体似ていますが、安全性の方面から見てみれば、ルネスタの方が一番人体に相応しい睡眠薬だといわれました。
ルネスタはアモバンを改善してから作られていた睡眠薬です。この睡眠剤の効果から言ってみればトータルでの睡眠時間を増加し、深い睡眠を実現し、寝付くをよくする三つのメリットがあります。
そして、アモバンの半分の量を持ってますが、同じ効果が得られます。しかも、睡眠時間も延ばすことができます。主に脳の活動を抑制することで脳を静かになさせて睡眠をもたらすことを促す薬となっています。子供の眠り見たいの感じで、自然的に睡眠を導入することができます。
この薬は即効性を持ってますので、初めの方に対して、当日飲んでみれば当日から効果が楽しみことができます。
飲む時点から計算して、翌日の何時間までに目覚めますかとの薬の作用時間が予測できるので、あくる日の仕事や生活などを邪魔することができません。
そして、深い睡眠をもたらすことができるので、中途覚醒に悩んでいる方にも思わなかった効果が期待できます。
普通の睡眠薬を内服時に苦いとの感じがないんですが、飲んでから30分ぐらいの時間を経った後から翌日の朝まで、口の中にずっと苦い感じが強いといわれています。
薬は飲んでから、数分の時間を経った後に腸で吸収されて、血中に溶け込んで血液循環があるので、唾液まで到着して、唾液を分泌する時に苦い味が出てきます。これはずっと苦い感じがする原因です。
この薬は上記述べた苦い味との副作用を改良して、苦いが少し軽くなって飲みやすくなりました。普通の薬が我慢できない方にお勧めします
中には上記のように薬には出来れば頼りたくないと言う方もいらっしゃると思います。
その場合にはメラトニンがお勧めです。こちらは睡眠サプリとなっており、体内時計を整えることで心地よい睡眠を促す効果があります。またメラトニンは睡眠改善だけでなくがん予防や糖尿病のリスクを下げる効果もあります。